So-net無料ブログ作成
検索選択

現代のエコアイテム? 「京うちわ」づくり最盛期(産経新聞)

 本格的な夏の到来を前に、京都伝統工芸品「京うちわ」づくりが最盛期を迎えている。京都市山科区の「塩見団扇(だんせん)」では、水辺の風景や朝顔など涼しげな絵柄のうちわが作業場に並んでいる。

 色とりどりの絵が描かれたうちわ面に、竹や杉の柄を取り付ける「差し柄」構造が特徴。涼をとるだけでなく、浴衣の帯に差すなど装飾品としても親しまれている。

 梅雨を控えた今がうちわづくりのピーク。同社の秋田悦克(よしかつ)社長(48)は「天然素材で動力いらず。見た目にも楽しい京うちわは、現代にぴったりのエコアイテムです」。

【関連記事】
「ひよの山」うちわ、無料配布へ 大相撲
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も
ゆるりと広がる「和」 伝統工芸品や習い事教室人気
中元商戦、遅めの戦略 高島屋などネット予約と棲み分け
ベッキー・クルーエル、粋に浴衣でもんじゃ

手の震えで密輸発覚…覚せい剤飲み込んだ男逮捕(産経新聞)
<西本願寺札幌別院>お寺の本堂が一夜限りの「クラブ」に バーテンは僧侶 悩み相談も(毎日新聞)
<名古屋市議会>全職員対象の賞与削減案可決 政令市で初(毎日新聞)
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」(産経新聞)
クマに襲われ? 男性死亡=肩から胸に深い傷―北海道(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。