So-net無料ブログ作成
検索選択

負傷者らがメモリアルウオーク JR福知山線脱線事故(産経新聞)

 JR脱線事故から25日で5年となるのを前に、事故の負傷者や家族らが24日、兵庫県尼崎市の現場付近を歩き、犠牲者を追悼するとともに風化防止を呼びかける「メモリアルウオーク2010」を行った。

 負傷者らでつくる負傷者と家族等の会の主催。参加者の1人、会社員の嶋田真由さん(27)=東京都世田谷区=は、事故車両の快速電車3両目に乗車し、左手足と骨盤を折る大けがを負った。入院生活は40日に及び、職場に復帰できたのは約3カ月後だった。25日に行われる追悼慰霊式には毎年参加していたが、自分が事故の負傷者の1人だということを意識することは、しだいに少なくなっていたという。

 この日午後、嶋田さんは50人近い参加者とともにJR塚口駅近くの公園を出発。事故現場で献花した後、尼崎駅までの約4キロを2時間かけて歩いた嶋田さんは「私はこうして歩けるけれど、今も後遺症と闘う人がいることを改めて思った。事故が風化しないために、私にできることをしていきたい」と話した。

【関連記事】
長女なくした父、日記でたどる5年 JR脱線事故
「公判前整理、遺族が望む真相究明とは違うかも…」JR強制起訴
遺族「扉が開いた」 JR西の歴代3社長が強制起訴
「現場重視」へ内からの動き JR福知山線脱線事故
目前でJR脱線、犠牲106人…救助奮闘の男性、語り継ぐ決意
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「ニュースばかりみていた」ようやく帰国の日本人(産経新聞)
雑記帳 元西鉄ライオンズの稲尾和久さんモデルに博多人形(毎日新聞)
JR西強制起訴 抱える難問 同じ証拠で異なる立証 被害者多数、どう意見反映(産経新聞)
胸に刃物、路上に女性遺体 茨城県日立市(産経新聞)
仕事かぶる?3独法 仕分けられるか「消費者行政」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。