So-net無料ブログ作成
検索選択

将棋 羽生が猛攻、終盤へ 王将戦第6局(毎日新聞)

 神奈川県秦野市の元湯陣屋で16日に始まった羽生善治王将(39)と挑戦者・久保利明棋王(34)の第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第6局は午後6時、羽生が35手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費は羽生3時間、久保4時間40分。17日午前9時、再開する。

【ライブ中継】第6局は中飛車から急戦へ

 久保の3勝2敗で迎えた本局は、超急戦になった。羽生はあまり時間を使わず、久保が長考を繰り返したため、両者の消費時間には大きな差がついた。

 昼食休憩のあと、羽生は3三角と打ち、すぐに切った。続いて6六香〜8二銀と激しく攻める。久保は2七角と攻防に利かせ、香を打って急所にある先手の桂を払った。

 指し掛けの局面はすでに終盤戦といえるが、まだ実戦例がある。このあと、どちらが「新手」を放って主導権を握るのか。解説の滝誠一郎七段は「虚々実々の応酬で、両対局者の意気込みが伝わってきます」と語った。【山村英樹】

 ◇17日に大盤解説会

 王将戦第6局の大盤解説会は17日午後5時から東京将棋会館で。丸山忠久九段と本田小百合女流二段が解説する。一般2000円。

【関連ニュース
【第5局棋譜】羽生王将が飛車取り放置のマジックで逆転
【第5局解説】最終盤まで難解な戦い 畠山成幸七段と振り返る
【第4局棋譜】久保勝利で王将位にリーチ
【第4局解説】久保が初の王将位へあと1勝 安用寺孝功六段と振り返る
【名人戦】三浦八段が初の挑戦者 順位戦A級

<強風>千葉市で38.1メートル 全国で黄砂を観測(毎日新聞)
浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ(産経新聞)
よみがえれ大イチョウ、鶴岡八幡宮で公開(読売新聞)
<高校無償化>朝鮮学校にも適用を 大学教授らが首相に要請(毎日新聞)
小平のリンガーハットに強盗、10万円奪い逃走(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。